医療関係者の方へ
医師のご紹介
部署のご案内
診療科のご案内
地域連携室
画像診断検査
血管造影検査
超音波検査
内視鏡
病院のご案内
患者の皆さまへ
アクセス
求人案内
LINKS
訪問看護ステーション「たんぽぽ」
指定居宅介護支援事業所
部署のご案内
HOME>医療関係者の皆さまへ部署のご案内>看護部>Page Of NurseTopics

看護部>Page Of Nurse Topics


●平成29年度 看護週間

平成29年5月23日(火)看護週間に合わせて院外啓蒙活動を行いました。
鹿町御堂幼稚園を訪問し歌に合わせ手を洗ったり紙芝居をしたり、聴診器を使い心音や腸音を聞いたりし楽しく過ごして来ました。
「ボク、わたし、看護師さんになるね」と帰りに微笑ましい言葉も聞かれました。



AHA-BLSプロバイダー誕生

 CPA(心肺停止)患者に対する国際ガイドラインに準拠した内容の講習を受講してスキルを習得しています。


看護師として3年間を振り返って

 私は医療の知識を身につけ大切な家族を支えたいという思いで看護師を志し、卒業後は地元の北松中央病院に就職しました。この病院を選んだのは両親や祖父母の近くで生活したい、将来結婚し出産や子育てをしながら働き続けるためにも両親のそばがいいと思ったからです。また、高齢化が進むこの地域の医療に少しでも役立ちたいとの思いもありました。

配属先は内科外来で救急患者にも応対する部署なので最初は不安でいっぱいでした。しかし、指導者をはじめ皆さんから親身になって教えて頂き、様々な経験をさせてもらい習得していくうちに少しずつ自信がつき自分でも成長できたと思っています。また、わからないまま、自信がないままに行う仕事はミスや事故の原因になります。聞きやすい職場環境に恵まれたことを感謝しています。

 看護業務は責任の重い仕事で毎日が緊張の連続ですが、患者さんの笑顔に救われることもあります。特に時間外に急患でみえた患者さんや家族の方から「ここで診てもらえてよかったです。安心しました。」と言われた時にはうれしくなり、やりがいを感じました。

今、3年間の外来勤務を終え病棟に異動しました。「成長したい」という気持ちをいつまでも忘れずに、外来での経験を生かしながら新たな気持ちで頑張っていきたいと思います。

                          東3階病棟     川上 麻鈴美


























 










 
個人情報保護方針サイトマップ更新情報