医療関係者の方へ
医療関係者の方へ
医師のご紹介
部署のご案内
診療科のご案内
地域連携室
画像診断検査
血管造影検査
超音波検査
内視鏡
病院のご案内
患者の皆さまへ
アクセス
求人案内
LINKS
訪問看護ステーション「たんぽぽ」
指定居宅介護支援事業所
画像診断検査
HOME>医療関係者の方へ>画像診断検査

CT (Multi Slice CT)

当院では平成16年12月より最新32列マルチディレクターCTが稼働しています。
              【現在は、64列にバージョンアップしています。】

腹部〜骨盤
40cmを8.6秒で撮影
観察方向を変えて画像表示できます。
心 臓
0.5mmスライスで15秒撮影
心臓の拍動の少ない画像です。
仮想内視鏡
消化管や血管など内視鏡で
視ているようにも表現できます。
下肢動脈
最大120cm連続
撮影が可能です。
3D画像
CTデータをワークステーションで処理することにより様々な画像を表現できます。


MRI

患者様にやさしい静かな1.5テスラの強磁場MRIを使用しています。
MRI検査とは強力な磁場と電磁波を使って体内の水素原子より微弱な信号をとらえてコンピュータで画像化する検査です。
レントゲン検査やCT検査と違いX線を使っていないため放射線による被曝を心配することなく検査を受けられます。一般的に磁場が大きいほどより細かな病変や複雑な疾患を描出することができます、当院のMRI装置は現在臨床で使用されている中でもっとも大きい1.5T(テスラ)であり検査時間の早く画像も鮮明で医療情報も多いため豊富なバリエーションの検査が可能です。
また、MRI特有の検査中の騒音がかなり小さくなっているのも特徴です。
 
個人情報保護方針サイトマップ更新情報